被虐の鳴き声 ~籠の中の文鳥~

被虐の鳴き声 ~籠の中の文鳥~をオトクに読む方法

こんにちは、えみです。

被虐の鳴き声 ~籠の中の文鳥~ 1巻 を読んだのでネタバレと感想を書きます。

作者は大人気作家 宮島葉子  先生です。

この記事はこんな方に向けて書いています

  • 被虐の鳴き声 ~籠の中の文鳥~ 1巻   のあらすじ、ネタバレが知りたい
  • 被虐の鳴き声 ~籠の中の文鳥~ 1巻   を無料で読みたい。

 

【試し読みはコチラ⇒】被虐の鳴き声 ~籠の中の文鳥~ 1巻  を無料試し読みする

※ひぎゃくのなきごえで検索すると読めます。

被虐の鳴き声 ~籠の中の文鳥~をオトクに読む方法

「被虐の鳴き声 ~籠の中の文鳥~ 1巻」のあらすじ | ストーリー

「被虐の鳴き声 ~籠の中の文鳥~」のあらすじ | ストーリー

夏目漱石・樋口一葉・川端康成・森鴎外の名作を宮島葉子が情感たっぷりにコミカライズ! 夏目漱石の「文鳥」からインスパイアされた夫を愛する妻の業の深さを描いた表題作ほか、樋口一葉の「たけくらべ」を姉視点で描いた一作、このほか川端康成の「伊豆の踊り子」、森鴎外の「雁」をコミカライズ。あの名作文学を漫画で味わってみませんか?

とある朝。
結婚して3年目の清瀬春子は、夫におはようございますと挨拶する。
朝食をお持ちしますか?と続けて夫に尋ねる春子は、彼の端正な容姿にいまだに見惚れてしまう。
すると春子の夫は妻を二ラみながら、お前の作った田舎料理などいらない、紅茶だけ持ってこいと言うのだった。
春子は夫の言葉にシュンとしながらもわかりましたと返事をする。
夫の是正は内務省の官僚。今はまっているらしい新聞小説を読んで笑っている。新聞小説で猫の話で大人気の作家が、今は文鳥の話を掲載していて面白いらしい。
夫の様子を見ている春子に、是正は根岸に金を持っていけと妻に言いつける。
根岸というのは夫の妾の松という女のことだ。
春子は顔をくもらせながらも承知し、仕事に行く夫を見送ったあと妾宅に出かけるのだった。
色白の身体で赤い唇、可憐な容姿をしている松。
その松の家は黒い板塀で囲われており、中からは様子が見えない。
春子が玄関で松を呼ぶと誰の返事もなく、戸が開いていた。
不用心だと思いながら、春子はその中に入ると、酒の瓶が散乱していてまだ夫の残り香がまだ残っているように感じた。
その部屋のふすまが少し空いていて、春子は隣の部屋を見つける。
すると、縄で縛られた若い女が裸で横たわっていた……。

感想

夏目漱石の文鳥のあらすじをざっくりと言うと、飼い始めたかわいらしい文鳥が家人のちょっとした不注意からあっけなく死まうというお話で、漱石の孤独な心持をにじませた名作です。
新聞小説の話から妾のことを思い出した是正は、恐らく昨夜縄プレイして放置してしまった松が心配になったのでしょう。
まだ新婚といっていい夫と妾の若い美女が妻をあざ笑いながら激しく交わっていることを知ってしまった春子の胸中と決意とは……。
ぜひ読んでみてくださいね!

被虐の鳴き声 ~籠の中の文鳥~ 1巻 をオトクに読む方法

ナゾのリス
ナゾのリス

【無料で被虐の鳴き声 ~籠の中の文鳥~】は、まんが王国に登録するともらえる半額クーポンで、お財布にやさしく読めます♪

 まんが王国に会員登録(無料)すると、読みたい漫画を半額で買える50%オフクーポンがすぐ発行されます 。

【 半額で読みたい人はコチラ! 】
▼   ▼   ▼

いま登録すると、50%オフクーポンもらえます
LINE(ライン)だと5秒でスグ会員登録(無料)が完了!

width="300"

 

↓↓こちらからもまんが王国にアクセスできます。半額クーポンGETにはクリック♪ ↓↓

/