銀の匙

銀の匙 Silver Spoon 15巻 ネタバレと感想

こんにちは、えみです。

銀の匙 Silver Spoon 15巻 を読んだのでネタバレと感想を書きます。

 

銀の匙 Silver Spoon 15巻を試し読みする。

銀の匙 Silver Spoon 15巻 ネタバレと感想

大ヒット酪農青春グラフィティ、堂々完結!ついに八軒たちがエゾノーを卒業。それぞれの未来へと歩み出す――一度は将来を見失い、夢を嫌っていた少年は、いつしか、自身の目標に向かってひた走るだけでなく、仲間の背中を押す存在になっていた。汗と涙と土にまみれた物語、ここに完結!!

八軒のエソノー入学とともにスタートしたこの作品も、15巻、八軒たちのエゾノー卒業と共に幕を下ろしました。

 

この終わり方は連載開始時から固まっていたもので、人気漫画につきぜひ大学入学後のストーリーも、という話を断って完結させたのだそう。その潔さががカッコイイです。

 

北海道という広大な大地を舞台に繰り広げられてきた物語ですが、エゾノーを卒業し、散り散りになった後は、

多くの卒業生が海外に飛び、さらにスケールが大きい舞台で活躍しているのを見て胸が熱くなりました。

 

ぜひ、まだ読んだことがない方は1巻から読み、15巻のラストまでの八軒たちの濃厚な農業高校生活を味わってください。

 

これからの将来に悩む小学生から、受験生の子供をもつ親御さんまでとてもオススメのマンガです!!

 

感想

15巻で特に感動したのは、八軒と父親の関係が、改善はしないが進展はする、という点です。

 

フィクション作品では、折り合いが悪い家族の関係が最終的には良くなる、という展開が多いと思うのですが、

私は常々「合わないものは合わないのだから、この展開はどうだろう」と感じていて、そのストーリーを見かけるたびに密かにもやっとしていました。

 

しかしこの作品では、八軒は父親に対する「苦手・嫌い」という認識を変えないまま、それでもビジネスパートナーとしてはもってこい、という着地点を見出し、その新たな関係性で交流をスタートさせています。そこがとても秀逸だと感じました。

 

ぜひ本作を読んでみてください!

銀の匙 Silver Spoon 15巻を試し読みする。